サーバ版Ubuntu 12.04LTSのアップデートを高速化する

Updated:

Ubuntuは、システムをアップデートする際にミラーロードサーバからダウンロードしますが、デフォルトで設定されているサーバは、あまり速くありません。前回のエントリ(デスクトップ版Ubuntu 12.04LTSのアップデートを高速化する)では、デスクトップ版Ubuntuで、高速なミラーサーバを設定する方法を説明しました。

今回は、サーバ版のUbuntuで、速いミラーサーバを使うようにする方法です。

Ubuntuでは、システムをアップデートする際に、/etc/apt/sources.listをもとに、接続するミラーサーバを決めています。

このファイルの内容(の一部)は次のようになります。

# newer versions of the distribution.

deb http://jp.archive.ubuntu.com/ubuntu precise main restricted
deb-src http://jp.archive.ubuntu.com/ubuntu precise main restricted

## Major bug fix updates produced after the final release of the
## distribution.
deb http://jp.archive.ubuntu.com/ubuntu precise-updates main restricted
deb-src http://jp.archive.ubuntu.com/ubuntu precise-updates main restricted

ここで「http://jp.archive.ubuntu.com/ubuntu」がミラーサーバを指定するURLです。このデフォルトのミラーサーバjp.archive.ubuntu.comはあまり速くないので、代わりに国内にある回線の太い回線Ubuntuリポジトリを指定するように書き替えてやります。

私は、デスクトップ版で設定したミラーサーバftp.jaist.ac.jpを設定しました。具体的には設定するURLはhttp://ftp.jaist.ac.jp/pub/Linux/ubuntuとなります。

実際には、次のsedコマンドで一気に置換しました。

$ sed -i".bak" 's/http:\/\/jp.archive.ubuntu.com\/ubuntu/http:\/\/ftp.jaist.ac.jp\/pub\/Linux\/ubuntu/' sources.list

置換後のsources.list(の一部)は次のようになります。

# newer versions of the distribution.

deb http://ftp.jaist.ac.jp/pub/Linux/ubuntu precise main restricted
deb-src http://ftp.jaist.ac.jp/pub/Linux/ubuntu precise main restricted

## Major bug fix updates produced after the final release of the
## distribution.
deb http://ftp.jaist.ac.jp/pub/Linux/ubuntu precise-updates main restricted
deb-src http://ftp.jaist.ac.jp/pub/Linux/ubuntu precise-updates main restricted

こうすれば,太い回線に接続されているミラーサーバftp.jaist.ac.jpを使うので,apt-get updateやapt-get installの実行が高速になり,快適なUbuntu生活を送れます。

デスクトップ版Ubuntu 12.04LTSのアップデートを高速化する

Updated:

[サーバ版のアップデートの高速化はこちらをご覧ください。]

Ubuntuは、システムをアップデートする際にミラーロードサーバからダウンロードしますが、デフォルトで設定されているサーバは、あまり速くありません。

そこで、手動で、アクセスが高速なミラーサーバを設定してやります。なお、メニューやダイアログの表記はUbuntu 12.04LTS英語版のものです。日本語版の場合は、適宜読み替えてください。

1. アップデートマネージャを起動します。具体的にには、メニューバーの右端の歯車アイコンをクリックして、"Software Up to Date"を選択します。

2. アップデートマネージャ画面で、左下の"Setting..."ボタンをクリックすると、"Software Sources"ダイアログが表示されます。

3. "Ubuntu Software"タブを選択します。

4. "Download from:"プルダウンメニューをクリックして、"Other..."を選択します。

5. "Choose a Download Server"というダイアログが表示されます。ここで「Select Best Server」ボタンをクリックすると、最もアクセスが速いサーバが選択されます。(数分かかります)。私の環境では、ftp.jaist.ac.jpが選択されました。

あるいは、ダイアログで「Japan」を選択して、表示されるサーバから適当なものを手動で選択してもよいでしょう。

6. 右下の"Choose Server"ボタンをクリックすると、システムの設定を変更するためにパスワードの入力を求めらダイアログが表示されるので、パスワードを入力して「Authenticate」を押します。

7. "Software Sources"ダイアログに戻るので「Close」を終了します。

8. アップデートマネージャに戻るので、「Close」を押して終了します。これで作業は完了です。

9/29にYAPC::Asia 2012でビギナー向けにトークをします

Updated:

9月27日から29日に開催されるPerlの祭典「YAPC:Asia Tokyo 2012」で、「Perlの勘所をマスターしよう! コンテキストとリファレンスを我が物に!」というタイトルでトークをします。

Perl活用のキモであるコンテキストとリファレンスについて、わかりやすく解説します。Perlビギナーの方にお薦めです。


Perlの勘所をマスターしよう! コンテキストとリファレンスを我が物に!

日時: 9月29日(土) 10:30 - 11:10

「ラクダ本」「リャマ本」の訳者によるPerl初級者向けのチュートリアルです。以下の内容を解説する予定です。

  • リストコンテキストとスカラーコンテキスト
  • コンテキストを利用したイディオム
  • リファレンスを使って,複雑なデータ構造を扱う
  • サブルーチンへの引数とリファレンス


Markdown記法についてのメモ

Updated:

Markdown記法を少し使ってみてのメモ書きです。

感じたこと

これまでに,簡易マークアップとしては,PukiWiki,Confluence(会社で),Emacsのorg-mode(少しだけ)を書いた経験があります。

まだあまりMarkdownを書いてないのですが,これらに比べて「違うなあ」と思ったのは次のような点です。

  • リストに*,+,-の3文字も割り当てているのはもったいないような気がする。
  • 先頭の「*」の個数を増やしてリストをネストすることができない。
    • この書き方はダメ

    • * sed, awk, shellの機能を継承
      ** テキスト処理に強い
      ** sedから正規表現
      ** awkから文字列処理、ハッシュ(連想配列)


  • =====と-----を使って,H1とH2を表わせるのは面白い。

マークダウン記法

マークダウン記法を説明しているサイトをいくつかあげておきます。

MarkdownをHTMLに変換するPerlモジュール

Text::Markdownモジュールというものがあります。使い方は,ごく簡単で次のような感じです。

use Text::Markdown 'markdown';

# $textにはMarkdown記法で記述した文字列が入っているものとする
my $text;

# $htmlに,$textの内容をHTMLに変換した文字列が得られる
my $html = markdown($text);

また,C言語で記述されたmarkdownライブラリDiscountを呼び出すText::Markdown::Discountモジュールもあります。当然こちらのほうが高速です。

無線LANのチャネルの利用状況を表示するツールinSSIDerを使ってみた

Updated:

ときどき自宅の無線LANの接続が不安定になることがあります。通常は65Mbpsで接続できていますが、電波強度は5のままで、速度が10Mとか2Mくらいに下がることがあるのです。

他のアクセスポイントと干渉している可能性が高いので、電波状況を表示するソフトを探してみました。定番的なソフトとして、無線LANのチャンネルの利用状況を表示するinSSIDerというものを見つけたので、ノートPCにインストールしてみました。

公式サイトから、ダウンロードしてインストールします。


inSSIDerを動かすと、たくさんのAPが見えることに驚きました。自宅の私の部屋からは、何と15個のアクセスポイントが見えます。もっとも、チャネルが重なっていても、他のAPの電波が弱いので問題にはならず、最大の通信速度(65Mbps)で接続できています。

inSSIDerの表示
これまではチャンネルを「自動」にして使っていました。inSSIDerで観測すると、低い番号のチャンネルを使い、そのために他のアクセスポイントと干渉して(?)、別のチャネルに移動するといったことがたびたび起こっていました。

通信自体は問題なくできているのですが、念のために、あまり使われていない13チャンネルを選択するようにしました。このまましばらく様子を見て、調子が悪い時には、inSSIDerで状況を調査しようと思います。