デスクトップ版Ubuntu 12.04LTSのアップデートを高速化する


[サーバ版のアップデートの高速化はこちらをご覧ください。]

Ubuntuは、システムをアップデートする際にミラーロードサーバからダウンロードしますが、デフォルトで設定されているサーバは、あまり速くありません。

そこで、手動で、アクセスが高速なミラーサーバを設定してやります。なお、メニューやダイアログの表記はUbuntu 12.04LTS英語版のものです。日本語版の場合は、適宜読み替えてください。

1. アップデートマネージャを起動します。具体的にには、メニューバーの右端の歯車アイコンをクリックして、”Software Up to Date”を選択します。

2. アップデートマネージャ画面で、左下の”Setting…”ボタンをクリックすると、”Software Sources”ダイアログが表示されます。

3. “Ubuntu Software”タブを選択します。

4. “Download from:”プルダウンメニューをクリックして、”Other…”を選択します。

5. “Choose a Download Server”というダイアログが表示されます。ここで「Select Best Server」ボタンをクリックすると、最もアクセスが速いサーバが選択されます。(数分かかります)。私の環境では、ftp.jaist.ac.jpが選択されました。

あるいは、ダイアログで「Japan」を選択して、表示されるサーバから適当なものを手動で選択してもよいでしょう。

6. 右下の”Choose Server”ボタンをクリックすると、システムの設定を変更するためにパスワードの入力を求めらダイアログが表示されるので、パスワードを入力して「Authenticate」を押します。

7. “Software Sources”ダイアログに戻るので「Close」を終了します。

8. アップデートマネージャに戻るので、「Close」を押して終了します。これで作業は完了です。

デスクトップ版Ubuntu 12.04LTSのアップデートを高速化する” への1件のコメント

  1. ピンバック: サーバ版Ubuntu 12.04LTSのアップデートを高速化する | 近藤嘉雪のプログラミング工房

コメントを残す