YAPC::Asia Tokyo 2013に参加しました



9/20から9/21に開催されたYAPC::Asia Tokyo 2013に参加しました。会場は、慶應義塾大学日吉キャンパスの協生館でした。協生館は名前は古風ですが、新しいモダンな建物で、全席に電源が用意されている素晴らしい会場でした。HUBという名前のパブもあり、さすが慶應という感じです。

1日目(9/20)には次のセッションを聞きました。

1日目は、貧乏性なので、ほぼ1日中セッションに参加していました。本当はセッションはほどほどにして、ウダウダするのも良いですが。

「大規模Perl初心者研修を支える技術」はDeNAで71人の新卒エンジニアの研修をどのように進めたかという話でした。非常に参考になりました。DeNAは人材育成にすごく注力していますね。

「僕の考えたFuture Perl」は、Perl 6の歴史と実装の話が面白かったです。Perl 6にはさまざまな(不完全な)実装があってややこしいのですが、かなりクリアになりました。またPerl5上で、Perl6の構文を扱えるようにするSeisの紹介がありました。

1日目夜の懇親会にも参加しましたが、料理とお酒がふんだんに用意されていました。スポンサーのDeNAさんには大感謝です。

2日目(9/21)は、午前中に用事があり、会場には14時過ぎに到着しました。まずPerl入学式@YAPCを見学させてもらいました。熱気が溢れていました。

2日目は次のセッションに参加しました。

「p2」は、Perl5とPerl6の両方に対応したVMの話でした。高速化のためにいろいろと工夫しているとのこと。私は言語処理系が好きなので、p2の話は興味深いものでした。

また言語処理系関連では、「これからのPerlプロダクトのかたち」をぜひ聞きたかったのですが、午前中だったので聞けませんでした。残念。

ライトニングトークでは、竹迫さんのPerlクイズで、最後の問題(特殊変数$^Fに関するもの)に答えて、竹迫さんの訳書「ECMA-262 Edition 5.1を読む」を賞品としていただきました。

ちなみに、出題された特殊変数は$[、$]、$^Fの3つで、「何てマニアックな出題なんだ!!」と思いました。Perlを使いこなしている人でもこんなの知らないです、普通(笑)。

クロージングでは、長年にわたってYAPC::Asiaの運営をされてきた櫛井さん(@941)と牧さん(@lestrrat)のコンビが今回限りで引退することが発表されました。長い間、ありがとうございました。

近藤は今回はトークは無しで、まったくの参加者モードで参加しました。多くのセッションを聞き、いろんな人と話をして、やる気がフル充填されました。スタッフのみなさん、発表者のみなさん、そして参加者のみなさん、素晴らしいYAPC::Asia 2013をありがとうございました!

カテゴリー: Perl

「Perl徹底攻略」にリファレンスの解説記事を寄稿しました


技術評論社から出版されたムック「Perl徹底攻略」に、私が書いた「リファレンス入門」という記事が収録されました。(WEB+DB PRESS #74に掲載された記事の再録です。)

「Perl徹底攻略」は、雑誌WEB+DB PRESSに掲載されたPerl関連の記事をまとめたもので、Perlの基本から応用まで幅広い内容をカバーしています。

Perlでプログラムを書く人に、おすすめの一冊です。

WEB+DB PRESS #74にPerlのリファレンスの解説記事を書きました


WEB+DB PRESS #74(技術評論社、4月24日発売)に、リレー連載Perl Hacker’s Hubの第20回として「リファレンス入門」という記事を書かせていただきました。

Perlの活用に欠かせないリファレンスについての解説記事です。次のような内容になっています。

  • リファレンスの基本的な操作(リファレンスを取得する方法、デリファレンス操作)
  • 多次元配列や多次元ハッシュのエミュレート
  • 無名配列、無名ハッシュ、無名サブーチン
  • クロージャ

特に、この記事は、「『初めてのPerl』は卒業したけど、リファレンスはややこしそうだなあ」などと思われている方におすすめします。リファレンスやクロージャを活用することにより、Perlプログラミングの世界が大きく広がるでしょう。

PerlCasual #05に行ってきました


3/29(金)に開催されたPerlCasual #05に参加しました。

会場は,渋谷ヒカリエにあるNHN Japanさんのカフェスペース。実はヒカリエに行くのは始めてでした。新しいビルっていいですね。とてもオシャレで,その上リア充的な感じです。

会場に着くのが遅れてしまい,後半から参加しました。

@sugyanさんのライブコーディングは,持ち時間30分間で,「Amon2を利用した掲示板的なウェブアプリをHerokuにデプロイして動かす」という,かなり欲ばりな内容でした。モジュールのインストールに意外に時間がかかり,ちょっとハラハラドキドキしました。ライブコーディングは,ほかの人が使っている環境(@sugyanさんはEmacs使いでした),コマンド,ツールなどを知ることができるので,見ていて楽しいし,とても勉強になります。

LTは,冒頭の3人が連続して「Perl使ってません」という話だったりして,意外性もあり,カジュアルな感じで面白かったです。@yusukebeさんの人選の妙技です。

@kenjiskywalkerさんの「OSS Community初心者がPerl Communityから学んだ1年」は,良い話でした。自分も,勉強会やイベントなどのコミュニュティに積極的に参加していこうと思いました。

@bayashiさんの「The one-liner for a stats in Perl」は,アクセスログを集計するワンライナーをもとに,集計コマンドを作ったよという話でした。このようなちょっとした作業を行なうプログラムをさくっと書けるのも,Perlの便利なところなんですよね。

懇親会では,@koba04さん,@kenjiskywalkerさんを始め,いろいろな方といろいろなお話をさせていただきました。とても楽しい時間を過ごせました。

主催者の@yusukebeさん,運営をしてくださった方々,発表者のみなさん,参加者のみなさん,ありがとうございました。

(トークの内容については,PerlCasual #05のスライド・感想ブログまとめ by @__papix__さんをご覧ください。)

YAPC::Asia 2012のトーク「Perlの勘所をマスターしよう! コンテキストとリファレンスを我が物に!」の動画が公開されました


YAPC::Asia 2012のトーク「Perlの勘所をマスターしよう! コンテキストとリファレンスを我が物に!」の動画が公開されました。(44分)

また,スライドもslideshareで公開していますので,あわせてご覧ください。