MySQLの文字コード関連の設定を調べる方法


前のエントリに引き続きMySQLについての話です。今回は、文字コードの設定を確認するためのコマンドを紹介します。

文字コード関係の設定を表示する

次のコマンドを実行すると、文字コードに関する設定が表示されます。

mysql> show variables like 'character_set%';

前回のエントリで書いたように、Ubuntuでは特に何もしないと、MySQLのデフォルトの文字コードはlatin1になっています。ですから、次のように表示されます。

mysql> show variables like 'character_set%';
+--------------------------+----------------------------+
| Variable_name            | Value                      |
+--------------------------+----------------------------+
| character_set_client     | utf8                       |
| character_set_connection | utf8                       |
| character_set_database   | latin1                     |
| character_set_filesystem | binary                     |
| character_set_results    | utf8                       |
| character_set_server     | latin1                     |
| character_set_system     | utf8                       |
| character_sets_dir       | /usr/share/mysql/charsets/ |
+--------------------------+----------------------------+
8 rows in set (0.00 sec)

前のエントリで説明したように、my.cnfにcharacter_set_server = utf8という設定をしておくと、次のように文字コードがutf8となります。(character_set_filesystemはファイルシステムの文字コードで、binaryで構いません。)

mysql> show variables like 'character_set%';
+--------------------------+----------------------------+
| Variable_name            | Value                      |
+--------------------------+----------------------------+
| character_set_client     | utf8                       |
| character_set_connection | utf8                       |
| character_set_database   | utf8                       |
| character_set_filesystem | binary                     |
| character_set_results    | utf8                       |
| character_set_server     | utf8                       |
| character_set_system     | utf8                       |
| character_sets_dir       | /usr/share/mysql/charsets/ |
+--------------------------+----------------------------+
8 rows in set (0.00 sec)

このような設定になっていれば、文字コードを指定しないでcreate databaseやcreate tableを実行した時に、データベースやテーブルの文字コードがutf8になります。

データベースの文字コード設定を表示する

特定のデータベースの文字コード設定を知るには、次のコマンドを実行します。

mysql> show create database データベース名;

次の例は、mydbデータベースの文字コードを表示しています。「DEFAULT CHARACTER SET utf8」となっているので、文字コードがutf8に設定されていることがわかります。

mysql> show create database mydb;
+----------+---------------------------------------------------------------+
| Database | Create Database                                               |
+----------+---------------------------------------------------------------+
| mydb     | CREATE DATABASE `mydb` /*!40100 DEFAULT CHARACTER SET utf8 */ |
+----------+---------------------------------------------------------------+
1 row in set (0.00 sec)

テーブルの文字コード設定を表示する

特定のテーブルの文字コード設定を知るには、次のコマンドを実行します。

mysql> show create table テーブル名;

次の例は、mydbデータベースのusersテーブルの文字コードを表示しています。11行目の「DEFAULT CHARSET=utf8」から、文字コードがutf8に設定されていることがわかります。

mysql> show create table mydb.users \G
*************************** 1. row ***************************
       Table: users
Create Table: CREATE TABLE `users` (
  `id` int(11) NOT NULL AUTO_INCREMENT,
  `name` varchar(255) DEFAULT NULL,
  `email` varchar(255) DEFAULT NULL,
  `password` varchar(255) DEFAULT NULL,
  PRIMARY KEY (`id`),
  UNIQUE KEY `email` (`email`)
) ENGINE=InnoDB DEFAULT CHARSET=utf8
1 row in set (0.00 sec)

UbuntuでMySQLを使う際の文字コードの設定


Ubuntu (12.04LTS)でMySQLを使う際に必要な設定についてまとめてみました。

このように、最初に1回だけ行なう設定や手順は、次に必要になった時には忘れていて、改めて調べ直すことが多いものです。

MySQLをインストールする

mysql-serverパッケージをインストールすれば、最新版のMySQL一式がインストールされます。(2013/1時点では、MySQL 5.5系です。)

$ sudo apt-get install mysql-server

MySQLの起動と停止

起動や停止といったいわゆる運用系の操作は、Ubuntuの標準的なやり方で行ないます。

# MySQLを起動する
$ sudo /etc/init.d/mysql start

# MySQLを停止する
$ sudo /etc/init.d/mysql stop

# MySQLを再起動する
$ sudo /etc/init.d/mysql restart

# MySQLの現在の状態を表示する
$ sudo /etc/init.d/mysql status

utf8を使うように設定する

Ubuntuでは、MySQLの設定ファイルmy.cnfは、/etc/mysql/my.cnfに置かれています。

Ubuntuでは、デフォルトではサーバの文字コードは(utf8ではなく)latin1になります。そのために、文字コードを指定せずにデータベースやテーブルを作成すると、文字コードがlatin1となり日本語(utf8)が文字化けしてしまいます。

日本語のデータを扱うならば、デフォルトの文字コードをutf8としておくとよいでしょう。それには、my.cnfに次の設定を追加します。

[mysqld]
character_set_server = utf8